心身ともにリフレッシュできる日本最古の名湯

心身ともにリフレッシュできる日本最古の名湯

有馬の湯が世に広く知られるようになったのは、奈良時代に温泉の医療効果を認めた僧行基が温泉寺を建立し、それを受けて鎌倉時代に僧仁西が薬師如来の12神将をかたどって12の宿坊を開いたのがきっかけといわれています。また、豊臣秀吉が千利休を引き連れ度々訪れ、紅葉で有名な『瑞宝寺公園』で茶会を催しました。同地で毎年11月2・3日に開かれる『有馬大茶会』は太閤秀吉を偲ぶもので、家元がたてるお茶が献げられます。 そんな歴史と湯の町の織り成す独特の風情は、訪れるものの深い旅情を呼び起こしてくれるでしょう。

泉郷荘からのお知らせ

一覧

ACCESS MAP